×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イケア キッズ用家具情報!

イケア キッズ用家具

カテゴリー :イケア キッズ

イケアには毎年テーマがあるそうです。ある年のテーマはキッズ用の家具でした。いつにも増して、キッズの家具が充実!!
イケアPSによる遊び心のある家具に注目が集まりました。イケアPSとは、1995年に未来志向の商品ラインとして付加価値の意味を込めたPS(Post Scriptum)コレクションのことです。既存の素材や製品作りであまってしまう材料を効率的に使えないか・・・という考えから始まり、有名デザイナーや気鋭デザイナーを起用して、奇抜な楽しい商品を手がけました。価格もイケアデザインのひとつであるため、有名デザイナーを起用しても高くなることはないし、デザイナーの名前を大きく取り扱ったりはしません。あこがれのデザイナーの家具を、他のコレクションとほぼ変わらない価格で手にすることができるなんて、嬉しいことですよね!キッズコレクションは、親が子供のために与えてやりたい家具ではなく、子供自身がほしいと思う家具を目指したのだそうです。
イケアのキッズシリーズは夢がいっぱい、こんな家具に囲まれている子供はしあわせだろうなぁ〜♪

スウェーデンカラーであるブルーとイエローの建物がイケアの目印。入り口には遠くからでも分かりやすいように、必ず旗がはためいている。入り口と出口が違うのがイケアスタイル。


正面入り口を入ったところにあるエスカレータ。エスカレータを上がるとリビングルームのエリアにたどり着き、ここからが店内の始まりとなる。イケア・クンゲンスクルバ店は、ニューヨークのグッゲンヘイム(Guggenheim)美術館の建物のように丸い構造をしているので、一周すればエスカレータのある元の場所に戻り、同じ場所を行ったり来たりせずに次の階へと進めるようになっている。


子供家具のエリア。エリアの入り口には「世界でいちばん大切な人たちへ」というメッセージ付きの遊び場がある。子供家具エリア以外にも、至るところに子供の遊び場があるのもイケアスタイル。

コラム > イケア キッズ用家具について書かれています。

イケア キッズ家具は独創性がいっぱい!

カテゴリー :イケア キッズ

イケアキッズたちを世界で一番大切な存在と考えています。
そのキッズたちが一番すきなことは「遊ぶこと」です。遊びの中には夢がいっぱい!お姫様になったり、宇宙飛行士になったり、スーパーマンになったりするのです。だからイケアの家具は、宇宙飛行士にも、お姫様にも変身できなくてはならないのです。イケアは世界的にも有名な児童専門家の協力のもと、キッズたちにとって必要なものは何かを常に考えながら、キッズたちと一緒になって遊んだり、観察したり、何を求めているかを考えたりしています。
イケアのキッズ用の家具作りは、そんなところからヒントをもらい、親が買いたい家具ではなく、キッズたちに喜んでもらえるような家具を作ろうと努力しているのです。
イケアのキッズ用家具は、スパイダーマンだったり、動物園だったり、海の中だったり、本当に楽しい家具がシリーズでそろいます!イケアの家具に囲まれたキッズは独創性や、創造性が育つのだろうなぁと思います!

コラム > イケア キッズ家具は独創性がいっぱい!について書かれています。

イケア キッズ用の家具ができるまで・・・

カテゴリー :イケア キッズ

イケアキッズ用の家具はまず「こどもを知る!」というところから始まっています。自動専門家に協力を求め、キッズたちが何を考え、何を求め、何を楽しみ、何を必要としているか。跳んだり、跳ねたり、転がったり、または静かに本を読んだり、絵を描いたり、お友だちとジュースを飲んだり、ケーキを食べたり・・・何をするのが楽しいことなのか。一緒に時間を過ごしながら、観察、研究しているそうです。
キッズたちを観察することでわかったこと、生活習慣や習性にあった家具を作っているのがイケアです。遊ぶためのデスクであったり、チェアーであったり、身体を休めるためのソファーであったり、ベッドであったり、きっずたちが欲しいと思うような、夢のある家具を提供してくれているイケアの家具は本当に可愛いです。こどもだったら誰もがイケアの家具でお部屋をコーディネイトしたいと思うことでしょう。身体の発育も、心の発育もイケアの家具で育んでいくことができるといいですね!

コラム > イケア キッズ用の家具ができるまで・・・について書かれています。